ワイン&チーズセミナー フランスVol.3 品種編第3回 グルナッシュ

6月の品種はグルナッシュ。
南仏やスペインで多く栽培されています。
果実味がとても豊であるというイメージが強くて、エレガントというよりは華やかでジューシーでパワーがある感じがします。シャトーヌフ・デュ・パプやジゴンダス、ロゼのタヴェル、甘口のバニュルスなどなどの主要品種です。スペインではリオハ、ナバラ、などの赤ワインに。
イタリアのサルディーニャではカンノナウと呼ばれています。

コートデュローヌにある古木で実ったぶどうとスペインのやはり古木のぶどうで造ったワインをくらべてみました。どちらもとても美味しかったのでした。キュヴェ・アンティークはとてもパワフルでした。

ワイン・・・・・・・・・・
●コート・デュ・ローヌ「キュヴェ・アンティーク・ヴィエイユ・ヴィーニュ」2007年ドメーヌ・ド・フェラン元詰(ノンフィルター)自然派
●ラス・ロカス・ガルナッチャ・セミ・オールド・ヴァイン2006年・ボデガ・サン・アレハンドロ

チーズ・・・・・・・・・・
●アルスア・ウジョア
●サン・シモン・ダ・コスタ
●ロカマドゥール
●ブルー・ド・ラカイユ

スペインのチーズとフランスのチーズをチョイスしました。
相性ベスト3・・・・・・・・・・
1位:ラス・ロカス×アルスアウジョア
2位:ラス・ロカス×サンシモンダコスタ
3位:コートデュローヌ×サンシモンダコスタ

という組み合わせでした。
パワフルなグルナッシュとスモークしたチーズの相性はとても良いようです。アルスアウジョアの濃厚なミルクの風味は果実味豊かな赤ワインにも合うのですね。
アルスアウジョアやサンシモンダコスタ グルナッシュ


皆さんありがとうございました。
7月はソーヴィニヨン・ブランです。                                  冷えた白ワインが美味しい季節となりますね。
ワイン&チーズセミナー | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/06/27 12:06
 | HOME | Next »