ワインとチーズを楽しむ癒しの休日第2回ボジョレー

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づいて、なんだかワクワクしますね。
一時期、ジュースのようなその雰囲気があまり好きではない頃がありましたが、今ではそのフルーティーで華やかなワインのお祭りが大好きです。

テーマはボジョレーですが、もちろんヌーボーではありません。
この機会に新酒ではないボジョレーワインの魅力を知っていただきたいと思い、アイテムを選びました。チーズもフルーティーな赤ワインに合うものを皆さんと検証してみました。
ボジョレーの13年経ったいわば古酒がどんな感じなのか、ドキドキです。もし美味しくなかったらごめんなさいだわ。などと、思いつつ以下のようなアイテムでした。

ワイン----------
ボジョレー・ヴィラージュ・ウルティマテュム・クリマ・ルージュ2009年
サン・タムール ルー・デュモン・レア・セレクション1997年

チーズ----------
サン マルスラン ドーフィノワ
コンテス ドゥ ヴィッシー レ クリュ ミニ
ゴーダ ミレニアム
オベハ アル ロメロ

相性比較----------
第1位:ボジョレー・ヴィラージュ×コンテス ドゥ ヴィッシー
第2位:ボジョレー・ヴィラージュ×ゴーダ ミレニアム
第3位:サン・タムール×サンマルスラン

でした。
サン・タムール97年はとても美味しく、熟成香も嫌味がなく深みがあって、出会えてよかったねという喜びが感じられるワインでした。日本の誇る仲田氏がフランスで作る「天地人」を全うした心のこもったワイン(しかもお手ごろ)楽しいワインでした。聖なる愛、愛の聖人の意味のあるサンタムールは小さなハートのマークもついていて、プレゼントにも良いかもしれません。ボジョレー・ヴィラージュ・ウルティマテュム・クリマ・ルージュ2009年も最高と言われた年のもの。ビオワインです。こちらもしっかりとしてしかもボジョレーの華やかさフルーティーさいっぱいでした。
チーズはコンテス ドゥ ヴィッシーが珍しかったです。エピセアの樹皮で側面が覆われていてふんわり樹の香りがします。中はトロトロにとろけていて、モンドールを髣髴するようでした。
ゴーダの長期熟成はアミノ酸のシャリシャリが感じられ旨みいっぱいのチーズ。
皆の幸せな笑顔で満ちたひとときでした。

次回はスパークリングをテーマにします。お楽しみに。
ボジョレーに合うチーズ ボジョレーワイン
ワイン&チーズセミナー | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/11/08 14:23
 | HOME |