ワインとチーズを楽しむセミナー第6回秋の訪れを楽しむ赤ワイン

半年間ありがとうございました。最終回は赤ワインをテーマにしました。9月になって少しだけ風が涼しくなりましたが、この日は夏日で30度を超えていました。保冷剤と共に運びましたのでやや低めにはできたと思います。
チーズはブルーやウォッシュも入れて個性的な風味の取り合わせにしてみました。最終回は盛り合わせ(プラトー)を作りもご覧いただいております。今回は時間があまりなく、ちょっと心残り。

チーズは山羊乳のロビオラ・ディ・ロッカヴェラーノが人気でした。熟成が浅いものでとても食べやすくなめらかでした。キャッシェルブルーもナッティーな生地の風味が美味しかったです。

ワイン----------
キュヴェ・ナチュール・シラー2008年(シラー100%のビオワイン)
シャトー・シサック2005年(CS75、ML20、PV5% ボルドー オー・メドック)

チーズ----------
ロビオラ ディ ロッカヴェラーノ(イタリアのシェーブル)
イディアサバル(スペインの燻されたハード)
キャッシェル ブルー(アイルランドのブルーチーズ)
タレッジョ オーガニック(イタリアのウォッシュ)

相性比較----------
第1位:シャトー・シサック×ロビオラ
第2位:シャトー・シサック×イディアサヴァル
第3位:シャトー・シサック×タレッジョ

でした。シサック強し!どちらのワインもフルボディーでしたが思ったよりスムーズで飲みやすいものでした。2位と3位は同点でした。イディアサヴァルの燻した香りと赤ワインの風味が合うのですね。以外なのはシェーブルとの組み合わせが人気だったという事です。しかしキュヴェナチュールとロビオラの組み合わせは実は最下位だったのです。面白い結果でした。

かなりラフなプラトーで恐縮です。ブルーチーズがきれいにカットでき、時間がたっても崩れなかったのは助かりました。プラトーの下に保冷剤を置いて作りました。ナッツは容器に入れればよかったな。
プラトー1109 ワインアイテム1109
ワイン&チーズセミナー | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/09/12 12:23
 | HOME | Next »