ワインとチーズを楽しむセミナー第4回日本のワインとチーズ

雪が降るなど、寒い日が続いていますね。
こんな日はワインで身体から温まりたい気分になります。
1月のテーマは日本のワインとチーズでした。
昨今の日本のワインとチーズはすばらしいアイテムが増えたと思います。選ぶ楽しさも増えて嬉しい限り。
代表ともいえる甲州とマスカットベリーAを選びました。
チーズは北海道!チーズもどれにしようか悩むほどいろいろな種類のものがあります。ブルーにしてもウォッシュにしてもフランスなどと比べるとなんだか奥ゆかしさや繊細さを感じるのは私だけ?

ワイン・・・・・
リュナリス・甲州・バレル・ファーメンテーション2010年
穂坂マスカット・ベリーA 2009

チーズ・・・・・
ブリ・ド・トカチ(十勝野フロマージュの白カビタイプ)
オチャード (半田ファームの圧搾タイプ)
ロビオーラ (白糠酪恵舎のウォッシュタイプ)
北海道ブルー(新札幌乳業 小林農場の牛乳で作ったブルー)

相性比較・・・・・
第1位:リュリナス甲州×北海道ブルー
第2位:リュリナス甲州×ブリドトカチ
第3位:リュリナス甲州×オーチャード

となりました。どのチーズもやさしい口当たりだったのでややボリューム感のある甲州にマッチしたのでしょうか。マスカットべりーAもコストパフォーマンスが良く美味しいワインでした。チーズはロビオーラが人気がありました。個性的な香りだけど食べやすく且つ濃厚。
日本のブドウ栽培やワイン生産量などにも触れ、日本尽くしのひと時となりました。
ちなみに山梨県がトップです。
日本のワイン1201 日本のチーズ1201
ワイン&チーズセミナー | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/01/21 18:02
 | HOME | Next »