ワインとチーズを楽しむ休日第2回ソーヴィニヨン・ブラン

セミナーの日はとても暑く夏のようでした。こんな日には白ワインを冷やしていただくのもとても美味しいですね。今回のテーマはソーヴィニヨンブランです。仏トゥーレーヌとNZマールボロのワインを選びました。
酸味が豊でハーブ香が特徴的な印象があり、ロワールのソーヴィニヨンブランには同郷のシェーブル(山羊のミルクのチーズ)と合わせるのが定番とも言われています。チーズアイテムの中にクロタンドシャヴィニョル(ブルーモワルー)を入れてみました。
今回チーズで人気があったのはケソマンチェゴ9ヶ月熟成のものでした。かみ締めると甘みが広がり、とても美味しいのです。
チーズアイテム1205 ワインアイテム1205
 ワイン・・・・・
トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン・ラルパン・デ・ヴォードン2010
デルタ・ヴィンヤード・マルボロ・ソーヴィニヨン・ブラン2011・2008

 チーズ・・・・・
ケソ・マンチェゴ9ヶ月熟成
ブリヤサヴァラン・アフィネ・オーガニック
クロタン・ド・シャヴィニョル・ブルー・モワルー
ブルサン・エシャロット&チャイブ

 相性の人気投票(合計)・・・・・
第1位:ブルサン・エシャロット&チャイブ×デルタ
第2位:ブリヤサヴァラン・アフィネ・オーガニック×デルタ
第3位:ブリヤサヴァラン・アフィネ・オーガニック×トゥレーヌ

という結果でした。
ハーブが練りこんであるチーズとハーブ香が強めのNZソーヴィニヨンブランの相性がとても良かったようです。パンにぬって朝食やランチに。クラッカーに乗せておもてなしに、と活躍しそうなチーズでした。

次回はメルローです。日本のメルローにも興味が湧く今日この頃。お楽しみに。
八王子教室の方は引き続きご参加募集中です。

ワイン&チーズセミナー | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/05/31 15:43
 | HOME | Next »