ワインとチーズを楽しむ休日2013年5月甲州

5月のテーマは甲州でした。
ここ数年更に日本のワインも世界に知られるようになり、特に甲州はコンテストでも受賞するなど世界に誇る日本を代表するぶどう品種となりました。
作り方によって「これが甲州なの?」あるいは「昔ながらの甲州だ」と個性が出るように思います。
今回も前回に続き蒼龍葡萄酒さんのアイテムを選びました。
柑橘系の香りを前面に出したシトラスセントと樽で半年熟成させたSORYUリザーブです。

ワイン・・・・・
シトラスセント2012
SORYUリザーヴ2011
wine1305 cheese1305

チーズ・・・・・
アズィアーゴ・プレッサート(イタリアの柔らかな圧搾チーズ)
バラット(小さなりんごのような形のシェーブル)
セージダービー(セージやほうれん草のエキスが練りこまれた圧搾)
ペライユ・デ・カバス(トロリとすくってパンに乗せて、羊のミルク)

相性人気・・・・・
第1位:アズィアーゴ×SORYUリザーヴ
第2位:セージダービー×SORYUリザーヴ
第3位:アズィアーゴ×シトラスセント

という結果でした。
とちらのワインもスッキリして酸も豊か、リザーブの方が樽熟成のコクがあり苦味もアクセントととなっていました。ペライユは香りも強くパワフルなチーズだったので、赤ワインの方が合いそうです。チーズの人気はバラットがダントツでした。ヨーグルトのような酸味とクリームのような食べやすさが魅力。

次回はサンジョベーゼです!
ワイン&チーズセミナー | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/05/22 17:03
 | HOME | Next »