ワインとチーズを楽しむ休日2013年12月タナ

タンニンが強い赤ワインが好きな方もいらっしゃいます。私も嫌いではありません。油の乗ったステーキにも合いそうな、マディランに代表されるタナ種の赤ワインも魅力的です。今回はタナがテーマでした。タンニンの語源と言われるタナ、原産地はフランス南西地方と言われています。ちなみにスドウエストには他にカオールという黒ワインと言われている色の濃い赤ワインがあります(マルベック種)
はたしてタナ種は本当にタンニンが強く、色が濃いでしょうか?

ワイン・・・・・
ドメーヌ・アラン・ブリュモン ガスコーニュ ルージュ2011年
ピエール・ラプラス オデ・ダイディ・マディラン2010年

チーズ・・・・・
オッソー イラティ
パヴェ ダフィノア
フュメゾン
ロックフォール カルル
ワイン1312 チーズ1312

相性人気・・・・
第1位:ロックフォール×ガスコーニュ ルージュ
第2位:ロックフォール×マディラン
第3位:オッソーイラティ×ガスコーニュ ルージュ

という結果でした。
チーズの一番人気はロックフォール、ワインの好みは半々でした。
どちらもカジュアルな価格帯ですが、個性は全く違い、ガスコーニュルージュの方は色は想像より明るく、タンニンもおとなしめ(それでも豊かではありました)でした。マディランは黒と言って良いほど色が濃く、タンニンもビックリするほど豊かでした。相性はパワフルなワインに合うということでロックフォールとの組合せが美味しかったのだと思います。とういことはやはりやさしい白カビのパヴェダフィノアはかわいそうでした。スパークリングやフルーティーな軽い赤ワイン(ボジョレーヌーヴォーにも合いそう)がおすすめかと。今回は蜂蜜を用意しロックフォールとオッソーイラティにつけて、試食してみました。ブルーチーズに蜂蜜を合わせるのは定番として、オッソーイラティに合わせるのは地元風とのことで、試してみました。なかなか美味しく、みなさんの評価も高かったです。やってみるものですね。地元ではブラックチェリージャムやフルーツゼリーとも合わせるようです。

次回は来年1月12日、カベルネフランがテーマです。チーズも工夫してチョイスします.
お楽しみに。
ワイン&チーズセミナー | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/12/11 12:30
 | HOME |