ワインとチーズを楽しむ休日2015年4月ブルゴーニュ地方の白ワインにチーズを合わせる

今期も始まりました。またフランスをテーマに前回と少し違った地域をめぐってみようと思います。
ブルゴーニュの白ワインといえば、モンラッシェやムルソーなどが思い浮かびます。思い浮かぶだけでなかなか飲めないのですが・・・赤ワインもすごいけれど白ワインもすごいブルゴーニュ。今回は北のシャブリ地方からシャブリのプルミエクリュとムルソー村で作られたブルゴーニュブランを選びました。チーズは白ワインに合いそうな白カビチーズと山のチーズを選んで見ました。

ワイン-----
シャブリ・プルミエクリュ・ヴァイヨン2011年
ブルゴーニュ・シャルドネ・ラジュマリー2012年
ワイン1504 チーズ1504

チーズ-----
クロミエ・レ・クリュ
さくら
トム・ド・サヴォワ・フェルミエ
サン・ネクテール・フェルミエ

相性人気-----
第1位:シャブリ×クロミエ
第2位:シャブリ×さくら
第3位:ブルゴーニュブラン×クロミエ&さくら

3位は同点だったので2組。というわけで、シャブリと白カビチーズは相性が良かったです。個人的にはシャブリとクロミエは甘みが良い感じにひきたつ風味に、シャブリとさくらはシャブリのレモンのような爽やかさが現れ、なんとも魅力的でした。さくらはご存知の北海道共働学舎のチーズ。桜餅のようにさくらのぱっぱとさくらの花の塩漬けがあしらってあります。香りも桜餅のよう。初めて食べた時、感動しました。さくらの他にも、笹ゆき、ハードのレラヘミンタル、フレッシュチーズも魅力的です。近年日本のチーズが素晴らしいです。
今回山のチーズもとても美味しかったのです。農家製の複雑な味わいにはミディアムボディーの赤ワインが相性が良かったのかもしれません。
次回は南西地方の濃い目の赤ワインがテーマです。5月10日にお会いしましょう。
ワイン&チーズセミナー | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/04/13 12:02
 | HOME | Next »